スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キネカ大森と、おれの友だち

11/30〜12/6 キネカ大森での一週間限定の上映が終わった。
きてくれたお客さん、劇場スタッフ、関係者のみなさん、ありがとうございました。
DVDも発売され、くそガキの上映ロードもこれで一区切りか…
と、しょぼんとなりながらも今回のキネカ大森での出来事を振り返ってみよう。

キネカ大森初日11/30は小林憲史プロデューサーとトーク。
この人と出会わなければくそガキは映画にならなかったなあとじみじみ思いながら、最後はちょっと喧嘩になったりして面白かった。くそガキグッズがあたるじゃんけん大会も盛り上がった。
小林Pとトーク

二日目12/1は、主演今野浩喜さん(キングオブコメディ)とヒロイン田代さやかさんと店員ササキタカシ役の高橋健一さん(キングオブコメディ)とトーク。
今野さん田代さんとのトークは、新宿、大阪、群馬と何度かやってきたが、ここに高橋さんが加わることは初めてだった。改めてキングオブコメディの二人がそろうと、芸人ってすごいなあっておもう。さりげない会話やつっこみが全て面白く、二人の掛け合いはずっと客席で見ていていたかった。田代さんとはキングの二人が会場に到着するまで二人で話し、この人も女優でありタレントでもあるのでトークがうまい。観客におれを失笑させることにおいてはこの三人は日本で三本の指に入るスーパープロフェッショナルだ。これからどんなに映画をつくってもこの雰囲気でおれが舞台に居れるトークはもうないんじゃないかなと思うと寂しくてしょうがない。だからいつかまたこの三人と映画作らなくちゃね。
イベントは、わざわざ九州から見に来てくれたお客さんもいたりで質疑応答も盛り上がり、トーク後のサイン会も長蛇の列ができてとっても楽しいイベントだった。
くそガキ四天王大森トーク_convert_20131212134320

サイン会の様子_convert_20131212134147

サイン会後四天王_convert_20131212134108

また、五日目12/4には、今回のキネカ大森での二本立て上映の相方である『チチを撮り』の中野量太監督とトーク。

くそガキ&チチを撮りに

中野監督とはお互い長編映画を撮れずにくすぶっていた頃、よく飲み会で顔をあわす間柄だった。そんな中野さんとお互い長編映画デビューをしてこうやって映画館で二本立て上映できたことがなんか感慨深かった。親友とか友達というわけでもないし、これから二人で飲んだりすることはないように思うけど、今回の二本立てを経て、お互いの距離も少し縮まったようにおもう。くそガキより『チチを撮りに』のほうが褒められたりしてると悔しいけれど、『チチを撮りに』は大好きな映画だし、中野さんがいろんな新人賞撮ったりすると嬉しかった。と同時に妙に悔しい、おれ、新人賞的なやつに無視されまくったからなあ。「また中野量太が新人監督賞かよ!」って。だからおれは彼より早く結婚して「鈴木太一が結婚かよ!」って悔しがらせてやるんだ。賞をとるために映画をつくってるわけでもないし、結婚するために生きてるわけじゃないけどさ。そして何年後でも、また二人で新作もってキネカ大森に一緒に帰ってこれたら、それこそ最高だ。
鈴木太一と中野量太
そのときまで、お互いがんばろうぞ!

最終日12/6、そんな中野監督と『チチを撮りに』出演の渡辺真起子さんのトークに、後半お邪魔させていただいた。真起子さんときちんと話すのはほとんど初めてだったけど、こういう気が強いアネキほしかったなあと思える感じで、妙な居心地の良さを感じた。いつか誰も見たことがない渡辺真起子を描いてみたい。

キネカ大森でのトークは、劇場スタッフの心がそのまま反映されているようで、どの回もとてもあったかい雰囲気で、また大好きな映画館がひとつ増えた。



考えてみれば、くそガキを上映してくれた映画館は、どこもあったかい劇場ばかりだったなあと、この1年半の上映道中を思い出しながら、映画館に来てくれたお客さんや劇場スタッフの方と接していると、やっぱり映画は映画館で!と改めて強くおもったのでした。

そして、大森上映での一番の思い出は、ありくんとのことだ。
ありくん、大阪在住の男。28歳くらい。
彼とは大阪の第七藝術劇場でくそガキが上映していたときに出会った。
人付き合いが苦手なタイプの青年だが映画への思いが強い。
これだと気に入ったタイプの映画は何度も映画館に足を運び、宣伝活動も積極的に参加する。
くそガキのことも大変気に入ってくれて、上映時は大阪で一緒にチラシ配りをした。

去年、2012年、ありくんとくそガキの軌跡。







































懐かしい。
大阪で彼とチラシ配りをしたとき、おれはまるでバイトの先輩のように、そこの位置でこうやってチラシ配ってと指導した。やばい、これはチラシ配りのバイトじゃないんだ、そんなに強く言っちゃいけないと反省したが、彼はとてもにこやかに、だんだん楽しくなってきました!とチラシ配りを続けた。

ありくんたちとセピア

そんなありくんがキネカ大森にやってきた。























ありくん、ったら、まったくもう。
とってもかわいい男だ。
大森で一緒にチラシ配ろうと約束していた日、午前中少し体調が悪そうだったので、無理しないでいいよって言ったのに。
ありくん、サンドイッチマンになるポスターみたら、元気できてきました!チラシ配りましょう!ってテンション高くなっちゃって。こっちが元気づけられた。
で、実際に街でチラシ配り始めたら、すっごく楽しそうで。
最初ありくんにマスク被ってもらったらちょっと困ってたけど、マスク被ってやるのもいいですねえ!子供が笑ってくれます!楽しいです!ってテンションがさらにあがっちゃったりして。
まったく、かわいいったらありゃしない!

大森ありくんマスクマン

後日、ありくんからメールがきて、くそガキのおかげで、大阪第七藝術劇場の会員にもなり、チラシ配りをへて、劇場さんとも仲良くなり、映画をさらにみるようになり、などの感謝の気持ちがぶわっと綴られたメールをもらった。
そりゃあもう凄く嬉しかった。
彼は最近すごく行動的で、自分が大好きになった映画『元気屋の戯言』を観るため、宣伝を手伝うため、仙台に飛んだりしている。
引っ込み思案で、自分に自信をもてなかったありくんが変われるきっかけに、少しでも、ほんの少しでも『くそガキの告白』が関わっているのなら、そんなにうれしいことはない。
大袈裟に言えば、そんな人と出会うために映画を作っているのかなともおもう。
それに、ありくんは自分にそっくりなのだ。
おれも、引っ込み思案で、自分に自信をもてない奴なのだ。
映画をつくって、そして、ありくんと出会って、おれも少し変われたかもしれない。
ありくん、ありがとう。

一緒に食べたチンジャオロース定食、うまかったよね。
職場でよく食べてるチンジャオロースパンより全然うまい!と笑った君の笑顔がおれは大好きです。
ありくんin大森
また会おう。

スポンサーサイト

Comments

承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

鈴木太一(すずきたいち)
1976年6月16日生まれ。
東京都江戸川区出身。
映画「くそガキの告白」監督脚本。

鈴木太一のTwitter
映画上映依頼フォーム
映画館、映画祭での上映はもちろん、日本全国どんな会場でも野外でも相談にのります。とにかくいっぱい上映したいのです。

名前:
メール:
件名:
本文:

鈴木太一監督作品
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。